2008年12月04日

【坂の上の雲】司馬遼太郎が面白すぎる。。。

今まで司馬遼太郎の存在は知っていましたが、
食わず嫌いか一度も読まず、信者も多いので天邪鬼的に毛嫌いしておりました。

2年ほど前に、会社の同期が「坂の上の雲」を読んだ感想を話してくれて興味をもった。
「組織論」について指摘し、プロジェクトに秋山好古がいないのか嘆いていた。
私も彼もSEでひどいプロジェクトを負かされている為、その言葉が気になっていた。

その話を一緒に聞いていた別の同期が文庫で全巻そろえ読了したらしく、
「いるか?」というので、二つ返事に「ほしい」と伝えておいた。
この前の東京遠征にて彼と再開し受け取り、今回まず一巻まで読んだ。

司馬遼太郎。。。すごいね。。。面白い。。。
人物がもともと魅力的なのか、司馬遼太郎がすごいのか、
生き生きと明治初期の時代を切り取り、登場人物が物語りを進めていく。
時代背景の説明、人物像に幅をもたせる補足的な話。。。
秋山兄弟、正岡子規が頭の中で動きだすわけで。。。
次の展開が気になってしかたないのだ。

まだまだ「組織論」的な部分はないので、同期の言葉はわからない。
でも司馬遼太郎を読むキッカケを作ってくれた同期にありがとうといいたい。
司馬遼太郎という作家を今後の人生の中で少しずつ味わっていこう。

坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)
司馬 遼太郎
文藝春秋
売り上げランキング: 548
おすすめ度の平均: 5.0
4 若々しい国の香気のようなものを感じる
4 活力がでます
4 ほのぼのとした幼少時代
5 乾坤一擲の勝負
5 問答無用で。


ところで「坂の上の雲」とモチーフに江川達也が漫画をかいていた。
22巻で連載打ち切りとなってしまったようで、
尻切れトンボな感じで終了したらしいけど、今度BOOKOFFでチェックしよう。
江川達也もマニアックな性格なので、色々と参考資料が充実しており、
説明などの記述も良いときいているから楽しみである。

日露戦争物語―天気晴朗ナレドモ浪高シ (第22巻) (ビッグコミックス)
江川 達也
小学館
おすすめ度の平均: 3.0
1 偏執的な失敗作
5 教科書が教えない歴史マンガ
2 諸事情があったのだと思うが....
2 あ〜あ
4 もっと読みたい!!

posted by コツヲ at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

【この旨さアフォかと!?】and on andでエスプレッソアフォガードを食べた。

本当に東京を卒業するための所要で、ちょっと前に東京へ行ってきました。
渋谷で東京在住の友達と3時間ほどカフェることになったので、
ケーキ大好きケーキちゃんと呼ばれる人物が
「大人のミスドが出来ていい感じだった」というのを思い出し、
and on and(アンドナンド)に行きました。

andonandはミスドって感じじゃなく、カフェでしたね。
空間も広々していて良い感じでした。

んで、選んだドーナツは↓
ドーナツ

・キャラメルラテ   410円
・チョコクランベリー 250円
・ブランデーマロン  230円

ドーナツ全般が少々高め、味はミスドに毛が生えた程度
シューのほうが値段抑え目の割りにおいしかったです。

注文を終えた後に「めちゃやばそうなのがある」って言いながら、
ケーキちゃんがエスプレッソアフォガードの存在を教えてくれました。
店内注文のみだし、もう買っちゃったしで今日は見送り。。。

次の日にエスプレッソアフォガードを食べに行っちゃいました。

独りで。。。

劇ヤバドーナツ

・エスプレッソアフォガード 400円

これメチャメチャおいしいです。
コメダ珈琲のシロノワールが好きな人は、絶対これも好き!

ドーナツというより、クロワッサンメープルシロップを染込ませて、
上品なホイップクリームがかかり、ナッツがアクセントに効いている。
はい、鉄板です。やられました。
思わず食べてから横のエスプレッソに気がついたんで、
味の変化を楽しんでない。。。
エスプレッソをかけることにより、また違った風合いになるんでしょう。
今度試してみます。

まだ23区内に3店舗しかない。渋谷・神保町・汐留に行く際に要CHECKで!

渋谷のお店は「続きを読む」で確認してください
続きを読む
posted by コツヲ at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | うまかもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【カレー@愛知・豊橋】うまいカレー屋を探す旅<インド・ネパール料理 ピンディ編>

みなさん、お気づきであろうか。。。
前の記事は、この記事を書きたいための前振りだということを。。。

第二回は「愛知・豊橋 インド・ネパール料理 ピンディ編」です。
昨日のお昼に行ってまいりました。

場所の確認だけ前にしておいたので、本日はすんなり入れました。
店内は落ち着いた感じのお店でした。
皮ソファの席が空いていたので、そこを独りで陣取ることに。。。

しばらくしたら、インド系のおねーさん?登場。
水とメニューを持ってきてくれましたが、店の外にあった立て看と内容が違い戸惑う。
900・1200・1300のホリデーセットメニューになってました。
内容量的に900円のセットでよかったので頼みましたが、
カレーの種類も選べるのか聞こうとしたら、
「辛いの?」って片言で聞かれたので「甘いの!」って答えておきました。
スパイシー系よりフルーティ系のルーがお好みです。
でも結局種類が何になるかわからないが、お楽しみにすることに。。。

んで運ばれてきたが、これ↓

豊橋のインドカリー

・カレー(チキンバターマサラ)
・チキン(チキンティカ_から揚げ大_3個)
  → 写真じゃ2個です。思わず食べちゃった。
・サラダ
・ナン
・ライス(サフランライス?カレーバターライス?)
・ドリンク(マンゴーラッシー)


これで900円ならボリューム的に大満足です。
まずはライスでカレーの味を確かめました。
甘くしてもらったのが功をそうしたか、ちょうど良い辛さになっている。
ただ辛くてコクがないのがイヤだが、コクもあって旨い。
ナンも写真でわかると思うが大きい。
甘さがないのが残念だが、パリッ&中はやわらかくとても旨い。
サラダもチキンもいける。
マンゴーラッシーも、ちょうど良い味でよかった。

ここはお気に入りになりそう。。。
他の店も周ってからだけど、独りで食べにいっちゃうね。

さらに気に入ったのは、
お店の人がインド系の夫婦?がやっていて
 入店時:日本人カップル、インド系おっさん
 食事中:インド系家族&インド系おっさん
この様にお客にインド系の人が多く来ていたこと。これは旨い証拠

独りでも行きやすいので、是非食べに行ってね。

※お店の情報は、「続きを読む」で確認してください。続きを読む
posted by コツヲ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | うまかもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
track feed " How do you like 大殺界? "
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。